キッチン扉を選ぶポイント

キッチン 扉 素材

キッチン扉を選ぶポイント

 

こんにちは!キッチン取付け隊です☆

 

こちらのコラムではキッチンにまつわるお役立ち情報を発信しております。

今回のコラムでは、キッチン扉の材質の違いと特徴をご紹介していきます。

キッチン選びの参考にしてみてください♪

 

シートタイプ

化粧版にシートを貼り付けた1番ポピュラーなキッチン扉です。

色や柄のバリエーションが豊富で安価なのが特徴です。

オレフィンシートもしくはPETシートが主流で、リビングのインテリアに合わせることができて人気があります。

デメリットとしては水に弱く、長期間使用しているとシートが剥がれてくる場合があります。

代表的なキッチンメーカー:LIXIL、パナソニックなど

 

塗装タイプ

基材に直接塗装を施した扉です。

シートタイプと違い、つなぎ目がなくなめらかな仕上がりが特徴です。

ピアノの製作で培ったトクラスの「ピアノ塗装」が有名です。

デメリットは、コストがかかるため値段が高く設定されています。

代表的なキッチンメーカー:トクラス

 

無垢材

温かみを感じられる天然の木をそのまま利用した素材です。

デザイン性が高く、年月を重ねるとともに無垢材特有の変化を楽しむことができます。

キッチン用にコーティングをされているので水ぶきも可能です。

デメリットは傷が付きやすく、集成材の場合は継ぎ目から割れやすいところです。

代表的なキッチンメーカー:ウッドワン

 

ホーロー

耐久性に優れていて、お手入れがしやすいのが特徴です。

汚れや水が染み込まないので、油汚れも水ぶきでさっと落とすことができます。

磁石がくっつくのも便利ですよね。

デメリットとしては単調なデザイン多いのと、もらい錆びしやすいので注意が必要です。

代表的なキッチンメーカー:タカラスタンダード

 

ステンレス

名前の通り錆びに強く、耐久性に優れていて、お手入れしやすいのが特徴です。

高級感があって、お料理を楽しみたい本格派の方におすすめです。

デメリットとしては、サビは生えにくいのですがホーローと同様もらい錆びしやすいので注意してください。

代表的なキッチンメーカー:クリナップ

 

さいごに

いかがでしたでしょうか??

キッチンは毎日使う場所ですので、機能性やデザインも自分に合ったものを選びたいですね。

キッチン取付け隊ではビルトイン機器の販売や取付工事を行っております。

お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください!

施工事例も多数掲載しておりますのでご覧ください。

施工事例はこちら>>

お問い合わせはこちら>>

↓↓下記フォームからでもお問合せ頂けます♪

■写真添付1 ※現状のお写真があれば添付して下さい。



『キッチン取り付け隊』のこころみ

『キッチン取付け隊』は、キッチンリフォームに真剣に取り組んでいます!
サービス各種を是非ご体感ください。

お見積り・お問い合わせ